旧山口県議事堂・旧山口県庁舎は公開されてますが以外と知られてません - 山口観光を楽しもう!

スポンサーリンク


旧山口県議事堂・旧山口県庁舎は公開されてますが以外と知られてません

山口県旧県会議事堂

国指定重要文化財です。

旧県庁舎とともに大正5年に完成した建物です。

大正5年、大蔵省の臨時建設部長「妻木頼黄」とスタッフ「武田五一、大熊喜邦」によって設計されました。
彼らは明治後期に国会議事堂の建設を作成し実現されなかったこともあり、この建物はその代わりに実現された「まぼろしの国会議事堂」とも当時言われていたようです。

後期ルネッサンス様式を基調としながらも随所に新しいデザインの影響が感じられる大正時代の建物です。
日本の様式や欧米の最新デザインを大胆に取り入れた細部の独創的な意匠に、近代建築の歴史的資産としてだけでなく工芸品の様な美しさを鑑賞することができます。

現在は県政資料館として、一般に開放しています。
壮麗で格調の高い建物の中と資料展示や県政の歩みを鑑賞できることになっています。

旧山口県庁舎(重要文化財)
IMG_2298.jpg

旧山口県会議事堂(重要文化財)
IMG_2295.jpg

建物の中と資料展示
IMG_2292.jpg

開館時間:9:00〜16:30
休館日:月曜日・祝日

スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © 山口観光を楽しもう! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます