山口・萩の世界遺産「恵美須ヶ花鼻造船所跡」と史跡の防波堤 - 山口観光を楽しもう!

スポンサーリンク


山口・萩の世界遺産「恵美須ヶ花鼻造船所跡」と史跡の防波堤

恵美須ヶ鼻.jpg

山口・萩の世界遺産「恵美須ヶ花鼻造船所跡」

(えびすがはなぞうせんじょ)

萩藩は、幕府の要請などにより、洋式軍艦の建造を試みました。

安政3年(1856)に恵美須ヶ花鼻造船所を設置し、藩最初の洋式木造帆船「両辰丸」を建造しまいた。

その後、庚申丸を建造されました。現在も当時の大きな防波堤が残っています。

嘉永6年(1853)、幕府は各藩の軍備・海防力の強化を目的に大船建造を解禁しました。

萩藩に対しても大船の建造を要請しました。

安政3年(1856)、萩藩は、洋式造船技術と運転技術習得のため、幕府が、西洋式帆船の君沢型(スクーナー船)を製造した伊豆戸田村に船大工棟梁「尾崎小右衛門」を派遣します。

尾崎は、戸田村でスクーナー船建造にあたった「高崎伝蔵」らとともに萩に帰り、近海を視察、萩市小畑浦の恵美須ヶ鼻に軍艦製造所を建設することを決定しました。

1856年12月には、萩藩最初の洋式軍艦「丙辰丸」(全長25m、排水量47t、スクーナー船)が、また万延元年(1860)には2隻目の洋式軍艦「庚申丸」(全長43m)が進水します。

現在も当時の規模の大きな防波堤が残っています。
<国指定史跡>

萩市椿東5159-14
臨時駐車場あり
小畑地区臨時駐車場】普通車30台、大型車11台

アクセス
萩反射炉から海側へ約0.6q

★小畑地区 世界遺産シャトル 運行 
道の駅萩しーまーとを起点に、萩反射炉、恵美須ヶ鼻造船所跡を循環するシャトルバスを運行
(土日祝日・30分間隔で運行/平成28年3月27日まで)

スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © 山口観光を楽しもう! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます