山口外郎の歴史と「御掘堂・豆子郎・本多屋・田原屋など」 - 山口観光を楽しもう!

スポンサーリンク

山口外郎の歴史と「御掘堂・豆子郎・本多屋・田原屋など」

山口のういろうの歴史

山口ういろうは、室町時代に周防山口の「秋津治郎作」が現在の製法を考えたとする説もあります。

ただし歴史的経緯について詳しいことは分かっていません。

史実として確認できる最も古い例として、「福田屋」が、現在の山口市大内御堀の萩往還沿いで、戦前から「ういろう」の販売を行っており、中原中也もよく食べていたと記録されてます。

福田屋は、太平洋戦争で後継者をなくし、廃業してしまう。

その後、

福田屋のういろう職人だった人が「御堀堂」を創業

福田屋のういろうをよく食べていた人が「豆子郎」を創業

山口ういろうが、現在まで受け継がれることとなっています。


山口市の2大ういろう屋は 御堀堂 と 豆子郎

その後でてきたういろう屋さんも負けてはいません。


みほりどうのういろう

御堀堂は「山口外郎」の創始、山口大内御堀の「福田屋」の伝統を受け継いだ製法

山口外郎の伝統を継承「外郎一筋」です。

山口駅前が本店です。
http://www.mihorido.com/html/

とうしろうのういろう

豆子郎
山口外郎の古い製法にこだわらず、
もっとおいしいお菓子ができないかを求めた田原美介が創業。昭和23年
満州鉄道のエンジニア。
山口県山口市大内御堀33
TEL:083-925-2882 
<年中無休>営業時間 7:00〜19:00
http://www.toushirou.info/

田原屋
本店:山口市大内御堀971−1 
083−922−2368
手作りの生外郎のみのこだわりの外郎
直営店2店しか買えません。


本多屋
大正6年(1917年)創業。
外郎を主に和菓子の製造販売をしております。
http://kaikoan.com/uirou_nama.html

ほうふ外郎本舗
第20回 全国菓子大博覧会(昭和59年)− ほうふ外郎
第21回 全国菓子大博覧会(昭和60年)− 珈琲ういろう
第25回 全国菓子大博覧会(平成20年) 橘花栄光章
山口県防府市宮市町4番20号
TEL 0835-22-7193
http://hofu-uirou.com/company.html

<山口外郎の関連記事>

山口の外郎(ういろう)と名古屋の外郎(ういろう)との違い

山口・外郎の老舗はどこのお店?

日本の外郎(ういろう)の歴史と山口外郎

スポンサーリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © 山口観光を楽しもう! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます